>  > いきなりの即即プレイ

いきなりの即即プレイ

プレイルームに入り、軽いキッスのあとソープ嬢を横たえます。小さな声で「優しくしてくださいね」と言いながら目をつぶる姿がたまらなく愛おしく、そんな仕草にも心がときめきます。抱き寄せてキッスをしているとお互いの体が絡み合っていき、若くてしなやかな体が密着しているだけで気分が高揚していきます。形の良い爆乳おっぱいをベロ先でなぞるようにしていくと、「あ、あ、あ、いやぁ・・」と甘えたような声が唇からこぼれ、こちらの指先もそっと女の子の体の上を滑らせて感じる部分を探しだそうとしています。膝の辺りや内腿が弱点らしいので、そこも手のひらで強弱をつけて刺激するとよがり声が大きくなり、やがて女の子の両脚がじょじょに広がりだしてまるで私の指を誘っているようでした。股間に指を差し伸べると薄めの陰毛の下がネットリとしているのがわかります。顔を近づけて小ぶりのビラビラを中心に舐めると女の子の体がのけ反り、よがり声が一段と大きくなります。ちんぽも最初からいきりたっていたので、そのまま女の子のおまんこに沈めてゆっくりとときに深くピストンを繰り返し、より大きな波がきたところで激しく突き動かして発射しました。

[ 2015-04-13 ]

カテゴリ: ソープ体験談